結婚相談所で失恋はマイナスになることはありません。恋愛すれば一度や二度の失恋経験はあります。ただ、結婚相談所での活動だけではなく、これからの恋愛でも気をつけてほしいのが、いつまでも引きずらないのが鉄則であり、素敵な相手を見つけられるという事。
大恋愛ののちに失恋してしまい、次の恋に進めないのであればそんな恋愛早く忘れてください。思い出に浸っていては、前には進めませんし良い結婚相手と出会えることは少ないでしょう。そして、結婚相談所には初婚の方に離婚経験者の方もいらっしゃいます。そんな方たちとの出会いで、あなたの価値観も変わり本当のパートナーというものを知るでしょう。

失恋は糧にすることで新たな相手も見つかる


どんなに素敵な恋愛であっても、どんなに素敵な相手であっても終わった恋を引きずっては婚活ではマイナス。どこかで、心のリセットが必要となります。また度重なる失恋経験も、トラウマとなってしまいがちですが立ち直らなければいけません。もちろん、本気の恋愛であれば立ち直るのには時間がかかるのかもしれません。

そして、終わった恋をいつまでも悲しんでるだけでなく、その時間が自分を見つめ直す時間でもあり、自分を成長させてくれる人生で大切な時間なのだと気付きましょう。自分を見つめ直して出した答えは、きっと次の恋愛に繋がっていきます。

バツイチのデメリットは拭い去れない?

人生において、離婚は失敗なのか?答えは離婚した本人にしか分かりません。
今でこそ離婚に対し偏見は無くなりつつありますが、少し昔の時代であれば離婚した人は、周囲からの視線は厳しい目で見られていました。ちゃんとした理由があっての離婚だとしても、風当たりが強かったようです。

現代では約3組に1組が離婚するという統計が出るような時代ですので、結婚相談所に一度や二度の離婚を経験している方もいらっしゃいます。結婚相談所における離婚のデメリットといえば、結婚相談所へ入会の際に作る自己プロフィールに再婚と記されることだけです。しかし、相手の方が初婚ですと、バツイチの人は除外して欲しいという方もいます。若い方には、このような要望が多いといえます。
しかし、離婚経験者同士ですと、お互いの体験した環境などを話し合うことで、より良い家庭へのプランも見えているため、交際をはじめる方もいらっしゃいます。ですので、離婚経験者が絶対に敬遠される状況ではないと言えるでしょう。

最後に

結婚相談所における失恋経験や離婚経験者の方は、いつまでも過去の恋愛に足を引っ張られ続け、後ろ髪惹かれる想いもあるでしょうが、終わった恋愛に思いを馳せ続けていても仕方がありません。別れた相手とは縁がなかったと区切りを付けなければ、新たなパートナー探しもできません。

もしも、次の恋愛を始めるまでに時間がかかるようであれば、しっかり自分を見つめなおし、人生における最大の決断をできるように有効な時間の使い方をしましょう。次の恋愛に進もうと思った時、パートナー候補への条件が決まっていることで失敗しないパートナー探しもできることでしょう。