最近では、結婚式を挙げないカップルも世の中には多く、2組に1組は経済的事情や、再婚や授かり婚、諸事情などにより結婚式を挙げない方も増えています。
もちろん、結婚相談所で出会ったカップルも結婚式という形式に、こだわりがないカップルもいらっしゃいました。それでも、結婚後に大事なポイントを押さえる事は大切ですので、結婚式なしでもやっておいて損しないポイントをご紹介したいと思います。

親族との食事会と結婚報告の手紙は大事

これから、家族になるのですから、両家のご挨拶は略式的で構いませんのでホテルの一室でランチをしたり、料亭などの個室で少しの時間でいいのでお話しておくことも大切。
お互いの家族構成など、これからは出産など控える事となれば両家が顔を合わす機会もありますので、顔合わせはしておきましょう。

また、結婚報告を親戚などお世話になった方にも送る事は、これからの2人を支えてくれる人たちの輪を広げるキッカケにもなります。現時点などでは、年賀状は一番簡単に結婚のご報告と新年のご挨拶をする事ができる季節です。結婚式を挙げない選択をしたとしても、たった1枚の「結婚しました」ハガキは大切なご報告ですし、大人のマナーでもあります。

形にしっかり残すウェディング写真

女性の中には、300万円や500万円ともいわれる結婚式にお金をかけるのであれば、2人で海外旅行などの資金にしたいと考える方もいらっしゃるため、結婚式は挙げなくてもいいという考えもあるようです。それでも、ウェディングドレスの夢は捨てたくない。

女性が一番輝く瞬間がウェディングドレスを纏った時と言われるぐらい、女性の憧れです。
せっかく頑張った婚活の結果はパートナーを見つけたことですが、お披露目は恥ずかしいから嫌という方は、ウェディング写真だけでも形に残してはいかがでしょう。ウェディングドレス写真撮影プランも、このような状況ですので人気があります。
衣裳や着付け、ヘアメイクなども含んで、簡単でリーズナブルに婚礼写真が残せるのだから、人気が出るのもわかるような気がします。

最後に

結婚式をやらないカップルが増えている昨今、自分たちの大切なお金の使い方は賢く考えたほうがいいのは当然です。恋活や合コンではなく家族になる結婚ですので、大人のマナーとして親戚やお世話になった方などへのご挨拶はそつなくこなしましょう。

そして、結婚式をあげるもあげないも、ふたり次第。経済環境が厳しい現在では、身内だけでお祝いをし、写真スタジオで婚礼衣裳の記念撮影という方法も現代ではありですので、2人に合った結婚観で結婚式の事についても話し合ってみてはいかがでしょう。