結婚相談所に登録されている方の中には30代という事もあり、20代の時とは違う結婚に対する焦りを感じる方もいらっしゃいます。特定の人がいても、いざ結婚となると不安になり、保留したくなる気持ちも生まれ前に進めなくなり悩んだりすることでしょう。結婚に至るために補うべきポイントのご紹介です。

出会いがあっても成婚に至らない理由

職場関係の出会いや友人からの紹介に合コンや恋活。
20代の頃は精力的に行動せずともあったチャンスが少なくなるのが30代。
そこで新たな出会いを求め結婚相談所に登録。たくさんの相手候補と出会い、結婚に向けてアクティブな行動を取り始めたにも拘わらず、なかなか実を結ばずに落ち込んだり、将来に対して不安になったりするでしょう。まずは自分に足りないものが何かを知ることが重要。

結婚に至るために補うべきポイントはあなた自身で補えるポイントでしょうか。それとも、パートナーに補ってもらうべき物の可能性はありませんか。結婚を決断するには、知っておいて欲しいのは全てを自分でこなせる事が結婚ではありません。お互いに足りない部分を補っていくことが出来るかを知るのが重要。

パートナーとの出会いと自信

結婚して幸せになる覚悟、相手を選ぶ決断力、自分を信じる力を持つからこそ、結婚への具体的なパートナーを見出せます。これからの人生をどうしたいのか、どんな人と出会いたいのかを見出すことで成婚までのゴール地点が確認できる事でしょう。

また、そのゴール地点が見えた時点で、パートナーとどうやってこれからの人生を過ごすかを考えましょう。また、パートナーが見つかったとしても油断してはいけません。結婚相手に自分の未来を託して、不安を解消しようと考えると完璧で完成された人を理想しがちですが、大切なのは頼り頼られても一緒に乗り越えられる力があるかどうかです。
あなたも、パートナーを支える努力が出来るか。おんぶに抱っこの恋愛と結婚は違うという意識をしっかり持ちましょう。

最後に

30代という自立した年齢に入ったら、結婚して幸せになる覚悟や相手を選ぶ決断力が必要となるでしょう。自分がどんな未来に向かえばいいのかが分かっていれば、出会うべき相手が特定されていき、自分の持つ力に自信を持ってください。そして、過信するのではなく自信もある事によって、パートナーへの理想も考え付くでしょう。
これからの人生をパートナーとどうしたいのか、自分自身にしっかり問いかけてみてください。