生涯未婚率が上昇し、現在女性の9人に1人は生涯独身とされ、2030年には5人に1人が生涯独身となる予測が出されています。愛人体質者ほど結婚までいたれない理由をお教えし、結婚へ至れるよう恋愛観を入れ替えるお話です。

不倫や愛人体質のままでは結婚が難しい理由

愛人体質って知ってますか。
どうしても気持ちのセーブが出来なくなってしまい、既婚者の余裕と背徳感にハマる女性や男性の甘い言葉を信じてしまう。また、一人でいることへの恐れ。こういった、体質の方が愛人体質と言われています。

わざわざ日陰に入って恋愛しても結婚への略奪などでは幸せにはなれないでしょう。むしろ、結婚へ自分から遠ざかっていることを自覚できない事が禁断症状的であり一番危ない。
もしも、本気で結婚を考えているのであれば、危ない危険な香りがする男性には寄らない事です。
最悪の場合はセフレ扱いされる都合のいい女にされる可能性もあります。
寂しさは、人を弱くします。そのことをしっかり自覚することがまず大事な一歩。

汚れた価値観も正しい方向へ修正しましょう

愛人体質のままでは、まず結婚願望があってもまず上手く行きません。
ゆがんだ価値観の恋愛は、合コンや恋活で出会った独身男性よりもたちが悪い可能性に気が付きましょう。寂しさを理由に言い寄ってくる男性との恋愛を体験した女性は我慢に慣れてしまい、常に相手からの答え待ちしかできず、進展がない事も落ち着くなんていうのは結婚する気もないものと思えます。

都合のいい女が美しく映るのは、あなたが軽い女と自分を認めてしまったことで始まります。まっとうな結婚を望むのであれば、都合のいい女はすぐにでも清算する必要性があります。
モラルや倫理といった愛人体質の女性には聞きたくない言葉ですが、大切なのは恋愛への意識を変えること。2番手でもいいと思えるほど愛する男性に出会えたわけではなく相手に真剣に愛されている状態ではないという現実を受け止める事が大切。自分を貶めるのはやめて真剣に愛してあげましょう。本気で自分のことを好きになれたなら、2番手の女なんて結婚を望む女性には必要ありませんよね。

最後に

愛人体質の強い女性ほど、結婚願望が強くても報われない事が多く、ゆがんだ恋愛は寂しさを紛らわせても幸せはやってこないスパイラルに陥りやすい。それでいいと言うのであれば、報われない結婚願望を抱いていればいいと思います。
結婚相談所に通う男性には通用しないことも理解してこそ、まっとうな幸せな暮らしを見出せるでしょう。自分を大切に思うのであれば、結婚・成婚へと繋がる事をいち早く感じ取ってください。