結婚相談所での交際は、多数の異性といっぺんに行えるメリットと、その異性の中で1番でないという可能性を残しながらも交際を続けるデメリットがあります。自分は本気で彼が好きでも、交際相手からプロポーズのプの字も見えてこない。 もしかしたら、相手の本命ではないなんて思ったりしませんか。進展しない恋に時間ばかりを費やしてもしょうがない、2番手で悲しい思いを引きらずに、しっかりとした結婚を見出せる方とのお付き合いの戦術をお伝えします。

サヨナラ2番手!結婚するにはNo1を目指すだけ

まずは、男性は若い女性が好きということを念頭に置いておきましょう。20代女性が一番人気。その次が30代前半。そして、30代後半に40代と年齢が高くなるにつれ結婚がしにくい傾向があると言えるでしょう。そして、容姿や仕草。男性は女性を選ぶ際とにかくワガママ。性格の一致よりもまずは、基準値はこういったもので考えるかたが多く、基準の判断が恋愛と変わらない為そう言った順番付けしてる男性はどうしても結婚が遅れます。

女性に関しては、年齢は30代や20代後半といった形となり、容姿と性格も大事で年収ももちろん気にされていると思います。もちろん、女性も高望みしてしまいますが柔軟な感性がある方の方がどうしても、結婚相手と出会うまでの時間がとにかく身近く成婚までの道のりもすんなりと進んでいらっしゃいます。

合コンや恋活の様な、恋愛を楽しむ気持ちで結婚相談所に登録されても、中々パートナーは見つかりにくいという事です。また、自分が1番手ではなく2番手だとしてもいつか自分の魅力に振り向いてくれるはずと間違った情熱を向けても、一向に1番手はやってきません。整列で待っていて必ず買える福袋ではありませんから、パートナーはあなたと相手がマッチしてやっと巡り合えるキセキなのですから、2番手で甘んじてはいけません。

恋のとりこになっていては結婚はまぼろし

異性の方の甘い言葉に良い気分になっていませんか。別に甘い言葉に気分を良くしてもいいんです、進展がある方となら。何度もデートを重ねても、交際に発展しないやプロポーズの話もないなんてなるような状況でデートと呼ばれる形だけの関係では結婚生活も意識できませんし、相手も適当な理想を並べるだけでしょうね。

まぼろしの結婚を夢見ていても仕方がありません。少しでも、相手が結婚への道を進むつもりがないのであれば、真剣に確認んしてみましょう。「今度、両親に会ってくれませんか。」ある意味プロポーズともとられる言葉ですが効果てき面。顔が引きつったり言葉が出てこないのであれば、もう終わりですよね。はじめから結婚の準備や心がまえ出来ていて、交際してると思われる態度であるのだから思い切って伝える勇気も必要です。都合のいい暇つぶし相手にされて仕舞わない様にすることが大切。

最後に

時間は本当に大切で有限なもの。2番手でも相手の甘い言葉が心地よくて、気が付いたら1年経っていたなんてことにならない様にしましょう。
対処法としては、自分の思考や感情を大人としてコントロールし結婚を見据えるパートナー像をしっかり考える。そして、意中の方の心のオアシスになるための安定感と安心感は重要。
そして、自分自身を幸せにするためには、他人よりももっと戦略的に戦術を仕込み相手が本気の結婚を考えるように追い詰める事も大事だったりもしますよ。