女性から相談される内容のひとつに、今交際してくれている男性が、なかなか結婚への進展やプロポーズをしてくれないことで不安になる事があります。何か自分に欠点があるのではや、自分の他に好きな人がいるのでは。
などと悩みを抱える女性は結婚相談所にもいらっしゃるはずです。男性側の都合で進展がないのか、もしかしら本当に自分に非があるのかを見極める事に気が付いて自分磨きをするのか、新たな恋を探し出すのか重要なお話です。

男性のタイミングの意識が変わると結婚は遠のく

そもそも、結婚相談所は男性も女性も結婚を前提としたお付き合いの場。
男性も結婚の覚悟があって登録されていることでしょうが、プロポーズに至らない理由はタイミングが大きく左右すると答えるはず。仕事の状況や、彼の周囲を取り巻く家族や友人関係の環境。そう言ったもので、プロポーズもなかなかできない状況に追い込まれている可能性もあります。

交際中女性からすれば、ヤキモキするでしょうし、悩んでしまいます。
でも、諦めてはいけません。そんな男性がしんどい時こそ、サポートする心構えを見せるのも必要。なぜ、男性は結婚したいと思うのか、それは精神的心の支えが欲しいと思っているからです。仕事で忙しいとなればパートナーとして支えて欲しいと思うのが必然なので、あなたが支えられる人であると判断されることで結婚へ急加速する可能性もあると言えます。

ガチャガチャであたりを待つ男性はすぐに忘れましょう

結婚相談所に登録されている女性の比率は男性よりも多いので、男性は女性を選ぶ権利があると少しだけ勘違いしています。待っていれば絶対にいい女性があらわれると女性と交際しては何か違うと判断しても保留する傾向のある男性と交際している方はすぐに次の恋愛に行くべきです。

合コンや恋活の様なガチャガチャで当たりを待つような男性は理想が高いため、逃した魚が大きかったことにも気が付かない男性です。結婚相談所に関して言えば、残り物には福があるはあまり当てはまりません。自己意識が高すぎるが故に妥協が出来ないとも言えますが、女性の心変わりは秋の空というぐらいですから、真剣に恋愛できない人が結婚を望むこと自体おこがましい。そんな男性には、きっぱりお断りをいれて真剣に前向きにお付き合いできる人と時間を有意義に使ってこそ成婚までの道のりが見えてくるものですよ。

最後に

クリスマスも間近、彼が真のパートナーだとしたら、結婚へまだ具体的なイメージを持てていなかったとしても、あなたとの話し合いを機に特別な存在として逃してはいけないと真剣に考えるでしょう。
お互いの幸せな未来のためにしっかりと向き合ってみてください。

もし相手のプロポーズを引き出せないようであるのなら逆プロポーズをすることで、男性が結婚をもっと前向きに捉える事ができるかもしれません。ただ、男性の今置かれている状況をしっかり判断したうえで逆プロポーズしましょう。