結婚相談所で結婚できない方の中には性格に問題があるのにも拘らず人のせいにしている方に関しては、まず自分を見つめなおすことから始めたほうがいいでしょう。結婚は相手との共同作業の連続。自分自身を可愛がるばかりの性格だけでは結婚生活は上手くは行きません。結婚に向かない性格の改善策も考えていきましょう。

自分主体の問題の捉え方で他人の声が届かない

結婚相談所に入る前に、まずは自分の性格の欠点はなにか洗い出すことからはじめましょう。出会いがないからパートナーが見つからず結婚できないのか。周りに良いと思える異性がいても見向きもされないのか。とても重要なことになります。
もし、前者であれば結婚相談所でも良いお付き合いができるでしょうが、後者の方はあなたの魅力に見合う男性がいないと決めつけていることはありませんか。魅力ではなく異性が欠点を見つけ出してるのかもしれませんよ。

人の意見を謙虚に素直に聞く癖を身につける事から始めましょう。自分本位のクレームを言ってみたり、男性であろうと女性であろうと度量の狭い人は、他の人から嫌われる傾向がある事を知りましょう。自己流ではなく、ただのおおちゃくと捉えられる場合は結婚後の生活で困るので相手に敬遠されることもあるでしょう。

他人の駄目な部分を見て自分を棚上げしない

仕事でも恋愛でもそうですが、他人やパートナーの上げ足を取って、私はそんなミスをしないという方に限って自分のミスした時は、謝らず何かと理由づけをしてしまう人は他人を許せないのですから、結婚なんてもってのほか。もし結婚後に赤ちゃんを授かり出産。子供を育てることはとても大変で難しいことですし、その時自分の欠点によりマタニティブルーなど患い、子供にDVするような事になるのであれば結婚は諦めたほうがいいと、はっきり言っておきます。

誰しもミスはします。ただ、ミスをしないようにする努力は必要。また、ミスをしたことを糧に次につなげる事も覚えましょう。結婚は、合コンや恋活でモテモテだった時のキラキラした恋愛とはまったく別次元。お互いを尊重し助け合う物。相手を卑下してしまうようなパートナーとは上手く行きません。自分の性格を理解しているのであれば、まず自分の性格ぐらい治すことが出来なければ結婚相談所に入会したとしても結婚・成婚までの道のりは遠く険しい物になるでしょう。

最後に

容姿や経済的余裕とういのは、性格にも現れると言われます。余裕がある人間は人にも優しい。あてはまっている面と間違ってる面がもちろんあります。他人に厳しく自分に甘い方はいくら容姿が整っていようと、経済的余裕があろうと、敬遠されます。それほど、性格とはとても重要です。
相手の悪い部分ばかり目に行く方はもっと広い心を持ち合わせ、余裕を持てるように意識を芽生えさせることから始めましょう。