男性も女性もこの人とは結婚できないと思う瞬間は急にやってくるものです。そんな、瞬間がいつやってくるのか、もし、あなたにその様な行動や発言をしない様にするための自分磨きの秘訣についてお伝えさせていただこうと思います。

デートの時の態度はその人の全てを見せる

エスコートに慣れてる男性って素敵。彼女の為に、サーブしたり美味しいワインを教えてくれたり、素敵な時間を演出してくれたと思うけど、お会計の際や店員への態度が横柄に映る瞬間があれば、今までの素敵な印象は一瞬で幻想であったと思えてしまいます。お客様気質の抜けないなどは、あまり好感よいとは思えませんよね。

例えば、運ばれてきた女性の料理に髪の毛が入っていたら、交換していただくように頼むと思いますが、あなたであったらどれくらい周りのお客様やそのお店に優しくできますか。
「すみません。私たちの料理にギフトがあったようですので。」なんて、軽く言えるぐらいの度量があってもいいのではないでしょうか。他の人にまで気を使えるような人であれば平穏な結婚生活も送れてユーモアもあるようであればこそですよね。

感情論だけでは結婚を遠ざける

感情論は時に、男性にとってウザイとも思わせます。
女性の感情表現の豊かさ、おしゃべりで話好きの悪しき側面が浮き彫りなりやすく。
面倒な話し相手を男性たちはこの人との生活はないと判断し、彼女に別れを告げるのでしょう。
男女を問わず、感情的になりやすい性格の人とは平穏な結婚生活は難しそうですので除外される要因。

一般的に、結婚については、女性の方が現実的に考えているようですが、男性もしっかり生活相手としての視点を持って女性たちを吟味しています。論理的な会話や柔軟な解釈が出来ないことはマイナス要因にしか感じないようですので、一度冷静に深呼吸してゆっくりあなたの思いを伝えましょう。結婚を視野に入れた男女関係においては、ネガティブな要素を減らしていくだけでも結婚したい女性に近付けるのかもしれません。

最後に

ほんの些細な会話の節々に男性も女性も相手の嫌がる態度やマナーがあります。そう言った、ミスは気が付かないミスでもありますが、とても大きな損になりかねません。一つずつあなたが理想とする優しさを考えて見る事で、違った行動をとる事も出来るのではないでしょうか。
大柄な態度で相手を委縮させるようであれば、結婚後の生活も難しいという事を知っておく必要はあります。