末永く仲良しな夫婦でいるためには、どうしたらいいのでしょうか?
結婚相談所からの提言は結婚したら婚活は終わりではない。結婚後が本当の始まりなのですから。
パートナーに対する愛情の示し方がわからなくなっている人も出てくるかもしれません。
いつまでも幸せな夫婦でいるためには努力を怠ってはいけません。

結婚したから大丈夫と気を抜いてたら嫌われますよ

婚活がものの見事に成功して意中のパートナーとゴールイン。
とても、喜ばしい事です。そして二人で始まる生活までには時間が少し空くかもしれません。ちょっと安心してませんか。パートナー探しが終わった途端にデートも手抜き服装も手抜き。それはまだ早すぎではないでしょうか。合コンや恋活で見つけたパートナーだとしても付き合いだしたからと言って、安心はしませんよね。結婚を見据えたパートナーなのですから今まで以上の努力が必要です。

パートナーに対して、格好つけたいや美人に見られていたい褒めてほしい願望は一生持ち続けて良い愛情。ワクワクやドキドキという感情は生活のアクセントなのですから、一人でいた時の方が幸せだったのかな。なんて思考が訪れる前にパートナーとの絆を深めましょう。

なんでもかんでも押し付けてはいけません

人には得てして、得意不得意があります。
料理が得意な女性、掃除が得意な男性。様々な生活習慣を持っています。
習慣というのは中々変える事が出来ませんし、妥協も出来ないものだったり。
なにより、お互いが一緒に生活をすることで知る驚きもあるでしょう。

ただ、そこでお互いの違いに驚かないでください。
育った環境や境遇が違うのですから違いがあって当然、恋愛に関しても同じですよね。
お互いの良さを引き立てるためには何事にも会話が必要となり、お互いを知る期間。
笑って生活していけるぐらいの生活習慣に変えていってください。
同棲や結婚後二人で暮らせば絶対に自分のテリトリーを相手は乱すのはお互い様ですので、譲り合うことも必要。
歯ブラシの置き場などの些細なケンカはご法度ですよ。

最後に

結婚相談所でも知りえない、生活習慣によるモメゴトは結構聞きますが、それもまた、ノロケですので仲良く話し合っていきましょう。
そこで、やっぱり違うと感じる前に一歩ゆずるぐらいの度量は必要でしょうし、今後パートナーとの妥協点の見つけ方はそうやって学んでいく物です。愛情ある対応でパートナーを優しく包み込んでいきましょう。