個性とは生きてきた証そのものです。性格は十人十色。好き嫌いなんてのもしっかり出来てます。
人に対してイメージや偏見ももちろんあるでしょうが、話す前から苦手意識があれば結婚相談所から紹介したマッチングも失敗に終わる事も多いでしょう。

しかし、逆にあなたが幾ら好意を持っていても相手に好かれることが出来なければ、交際の話も流れてしまう事もあります。では、どうしたら成婚へ続く交際へと繋ぐことが出来るのでしょう。

結婚と恋愛は別次元の話

結婚のモテ度合は、恋愛のモテ度合はまったく違います。合コンや恋活では、異性がなびく見せ方で引く手あまただったかもしれません。しかしそれは、恋愛での話で合って結婚をするパートナーに当てはまるかと言ったら当てはまらないことの方が多いといえるでしょう。

まず、どんな相手と結婚したいのか、それが見えなければ永遠にパートナーは引き寄せられません。そして、出会いが減ってきたことの恐れから自虐すれば異性は不安にあおられてしまいます。
また、嘘で固めて自分を良く見せようとするのはご法度。
不安であっても、あなたらしい性格をしっかりみせましょう。生活感があるほうが異性は生活を意識しやすくもなります。あなたの個性をしっかり伝える事が大切。
しかし、ありのままをはき違えて、ずぼらですので愛してくださいは間違ってますよね。
婚活相手への礼儀がもちろんあります。

愛のバロメーターはいつも伝え過ぎてもいい

熱すぎるという言葉が出過ぎると空回りと捉えられ、マイナスイメージを植え付ける事があるでしょう。結婚するかもしれないパートナーに、あなたを伝える上で熱すぎて何が悪いのでしょうか。
冷めてる異性と話しても正直盛り上がりませんし、盛り上げる努力をして結婚に結び付くと思いますか。
同じ熱量で話せるからこそ、恋愛・結婚に発展するんです。

容姿・年収・年齢抜きにして、自分の思いを笑顔をしっかりと与えられる人になりましょう。
性格ブスにならないで下さい。失敗を繰り返したとしても、ひねくれたらそこであきらめたも同然。
異性ではなく、人に好かれる条件の大前提は誠実であれ。これだけは忘れてはいけません。

最後に

恋愛において嘘を付くことは隠し通すことも出来るかもしれません。
結婚に関しては嘘は身も心も滅ぼす可能性があることを覚えておきましょう。
ですので、誠実であって欲しい、自分にも相手にも。だからこそ、ありのままで大丈夫。

結婚生活は愛し愛され続け、許し許され助け合い与え続けるものですので、2人乗り越える力がとても大きく影響することを知ったうえで、婚活で相手に振り向いてもらうためには、自分を磨き続け努力しお互いを高め合っていけるかが重要となっていくでしょう。