結婚相談所では男性のお相手の希望年齢が女性20代を希望されることが多いのは知っていますか。若さとは素晴らしいステータスですが、女性を図る上で年齢だけで物事を考えるのはナンセンスではないでしょうか。
合コンや恋活ではなかなか20代の女性と会うことが難しい方々もいらしゃるのも存じ上げてるうえで、なぜ男性は20代を希望しなければいけないのでしょうか。

アドリブが利かない男性は結婚からスタートラインの後方位置


相性というのは異性を笑顔にさせることが簡単に出来る事が必要となります。
作り笑顔や同情の笑みではありません。異性を何気ない会話で笑わせられますか?

女性を美化するのは男性の妄想の場合もありますが、女性だって生活の上で笑顔になれない瞬間だってあります。その時、あなたが側にいたら癒せたり・笑わせられる事はできますか?
間違って地雷踏んじゃっうようなヘマはしませんよね。
男性だろうと女性であろうと喜怒哀楽がありますから、分岐を選ぶゲームではありませんので、全てがリアルタイムで自分の判断と行動の選択を迫られています。

選択肢、全てがあなたの結婚を近づける事にもなりますし、遠のけてしまうことを理解したうえで、希望の女性像を探すことをお勧めします。そして、結婚相談所では成婚に至るまでに気になる方とデートを重ねる事ができることは、本当の自分を知ってから、どんな異性となら一生を一緒に暮らすことが出来るのかを真剣に考えて見てください。
あら探しをすることが恋愛ではありません。ダメな部分も許し愛せるかが大切な要素でもあります。
そうすることで、20代という枠組みだけでの女性を見ていては結婚が遠のいてしまう恐れもある事を知ってください。

結婚後に赤ちゃんを望むのであれば知らせておきたいこと

結婚相談所に登録されている男性も女性も結婚=ゴールではなく、その後の暮らしをも見据えている方が多くいらっしゃいます。

そして、結婚し赤ちゃんを望んでいるのであれば、成婚・結婚後の暮らしについてもパートナーと話し合う機会は必ず必要です。出産・子育てにより、女性は仕事を休職・退職されることで、妊娠・出産は2人での生活以上の変化が必ず起こります。その変化に対応していくだけの財力だけでは女性をフォローすることにはなりません。

女性の気持ちも考えて行動することが必要となります。赤ちゃんを産めるのにもタイムリミットが必ずある事は承知だと思いますが、授かれるかは運命的な物。
欲して、不妊治療・体外受精を受けても赤ちゃんを授かれないカップルも実際にいます。
妊娠というのは、女性が若いから絶対大丈夫などの問題でもありません。
赤ちゃんを授かるために努力しても100%という確率はありません。
それほど、奇跡的なものでありますし、もしもの事をしっかり話し合っておくことも重要だと知りましょう。結婚前に話しておくことで幸せな家庭も作られていきます。

最後に

婚活とは、スタートラインに立つ前の準備運動を私たちがサポートさせていただくこと。
本当のスタートは二人の結婚後の生活が門出。結婚生活における幸せな生活を送るために、もちろん年齢が重要とおっしゃる方もおりますが、その先を見据えた結婚相手を考えて頂ければよりよいパートナーとの暮らしが待っている可能性も高い事を知っていただければなによりです。

そして、結婚はパートナーを簡単に変更するといった恋愛ではありませんので慎重な選択となるでしょう。その上で、一番相性の合う方との出会いをサポートさせていただく努力は愛しみませんので愛すべき方と出会っていただければと日々応援させていただいております。