結婚相談所では、相手とのデート場所の相談もよく受けます。
そんな中、パートナーのマッチングの際に、住んでる場所が近ければ最高のパートナーになれるのになんて思う事ももちろんあります。

恋活・婚活などでも、遠く離れた場所で逢えないから自然消滅。
縁がなかったと言うのはありふれた答えとなっていますね。
ですが、そんな話は十数年前までではないでしょうか。
みすみすチャンスを逃していませんか?

距離を埋めるためのテクニック

本当に恋焦がれた相手との出会いを距離で片付けてしまうには勿体なさ過ぎます。
一生の相手を見つけるときに、距離を理由にしてしまっては最高のパートナーを逃してしまう可能性もあります。

現代では、LINEやSkypeなどお互いの顔を見てコミュニケーションを取るツールもあります。
はじめの内は、お喋りするだけでも楽しいですが、WEBカメラをつければお互いの顔を見ながら通話が楽しめます。
遠距離で離れていても相手の優しさを実感できますし、想いの強さがよりアピールできるでしょう。

会える時にはすでにお互いの好みも阿吽の呼吸

Webカメラから実際のデートとなっても、緊張よりも会える喜びが増幅されていますよ。
久しぶりの再会でも、こまめに日常の出来事を話して共有している分、身近に感じられるのも嬉しいですよね。
むしろ、あえない時間が多い分、久しぶりに会える日がクリスマスなどのイベントと同じ気持ちで盛り上げることにも繋がりますし、相手のことを考えるきっかけにもなります。

遠距離の利点は、お互いの住んでる町に行けば、お互いのお気に入りのスポットも知らない場所だらけで新鮮ですね。自然と会話も広がる事でしょう。
そして、結婚に対してもはっきりと考えられ思いを伝えやすい環境も多く、次に会えるまでの時間が待ち遠しいという気持ちで帰れるのは、他のカップルにはない優越感や幸福感もあります。

最後に

遠距離を理由にマッチングを捨ててしまっては最高の相性のパートナーを逃してしまうかもしれません。肩の力を抜いて遠距離恋愛を楽しみましょう。

もちろん、結婚後の環境も話し合う事も大事ですが、困難な壁を打ち破ったカップルこそが真のカップルという自負も生まれるでしょう。成婚・結婚後の生活で困難な事や些細なことも話し合え、2人力を合わせ乗り越えられる環境が作り上げられているのは周りのカップルよりも強い絆で結ばれているでしょうし、結婚生活も円満となれば遠距離も好ましいと言えるでしょう。