婚活をしている人の中で、結婚相談所を利用している人は23,9%。10人中2~3人は利用していると言われています。
ずっと多くの方が結婚相談所を利用し結婚までの願いを叶えています。

大手企業には、法人会員制度なんてものがありまして、福利厚生として「結婚紹介所」への入会補助をしてるくらいサポートされています。それだけ、結婚の手助けをしてくれる結婚相談所への入会を恥ずかしいと思う必要はございません。

幸せな結婚が目的なら恥ずかしがる必要なし

日本人人口のうち、男性は6133万5千人、女性は6448万人で、女性の方が人口が多い。(2010年総務省調べ)
これだけの人口が日本には男女比でいるのに、周囲の人に結婚相談所を利用してること知られたくないというのは、あなたの結婚の可能性を狭めていませんか。偏見を持つと、結婚するチャンスを逃してしまいます。

そして、結婚相談所の利用者数はなんと約60万人の方が登録してる調べもありますので、あなたの希望に合う方もいるのにもかかわらずその可能性も捨ててはいけません。
だからこそ、あなたを好む方が現れても不思議ではないですよね。

結婚相談所で異性との付き合い方を学ぶ

結婚相談所では、日常生活で接点が無いような女性とも出会える可能性も高まります。
会社と家の行き来を繰り返す毎日出会う人間は固定されていき、出会いが少ないなんてことは仕方がない事。出会いを求める方法には、例えばネット婚活サイト。女性側からすると、身元のハッキリしない男性と会うのは慎重にもなりますが、仲人型の相談所は、男女の間に担当者が入るので、女性側の警戒心が少なくなりますし、結婚を本気で考えている女性だからこそ、成婚までの可能性も高くなります。

それに、出会うまでの時間が短く結婚に本気の女性と出会えればあなた自身も結婚に対して本気になれます。もちろん、異性との会話やデートプランなど不安な事は多いでしょうが、アドバイザーが相手の方との接し方・話す内容など役立つアドバイスは大きなメリット。

最後に

本気で結婚を考えているのであれば、結婚相談所の登録も婚活も恋活も合コンもすべて等しい出会いの場です。結婚自体幸せなものですので、入会することを恥ずかしがることもないんです。出会いを求めて男女が集まる場所を求めて何が悪いのでしょう。
むしろ、あなたの希望となるパートナーを探すのであるのですから、出会いの場を増やすことはむしろプラスとなるでしょう。